お手入れ / 保管方法について

着物素材を使用している商品につきましては、着用後のお手入れ方法や保管方法はすべて着物に準じたお取り扱いをお願いいたします。
 


■ 基本的に洗濯やアイロンはお控えください。
 着物素材は水分を多く含むと縮んでしまいますので、洗濯やスチームアイロンは厳禁となります。
 また、アイロンの熱で布や金銀の糸などが変色する恐れがあります。

 ・汗や汚れがついていたら
 濡らしてかたく絞ったタオルなどで軽くたたいて拭き取ってください。
 水を含ませすぎると生地が縮んでしまう恐れがありますのでご注意ください。

 ・埃がついていたら
 豚毛の着物用ブラシやカシミヤ用ブラシを使ってなでるようにしてそっと落としてください。
 ブラシがない場合は、ベルベットやビロードなどの布や化粧用パフなどを代用することもできます。

■ 着用後は形を整えて、風通しのよい場所で陰干しをしてください。
 湿気は型崩れやカビ発生の原因となります。
 着物素材は湿気を吸いやすいので、着用後は1時間程度、内側まで風が通るように日の当たらないところで干すようにしてください。

■ 湿気の少ない状態・場所に保管・収納してください。
 長期間使用しない場合は、定期的に風通しのよい場所で陰干しをしてから保管・収納してください。

■ 万一、皮膚に異常が発生した場合は直ちに着用を中止してください。

カテゴリーから探す

コンテンツ